世界一美しい都市・西オーストラリア・パースへの中・高校生留学、グループ語学研修ツアー

中学・高校生長期留学

現地校生徒として通学、
終日現地通常授業に出席
  • プログラムについて
  • プログラムの特徴
  • お子様一人旅安心サポート
  • プログラム料金表
  • 体験談
プログラムについて

アングリカン・スクールコミッション(ASC)の傘下にあるパース近郊の11校のアングリカンスクールにて現地校生徒と同じように授業を受けることができます。アングリカンスクールの強みとして、全ての学校の教育水準が一定に保たれているため、どの学校に通っても同じレベルの教育を受けることができます。
プログラム参加は4週間~となります。

対象年齢 中学2年生~高校3年生
滞在方法 ホームステイのみ
参加期間 4週間~卒業まで
参加人数 お子様1名より
参加時期 通年(現地スクールホリデー期間を除く)・
毎週月曜日から参加可能
プログラムの特徴
  • お子様1名から参加可能
  • 現地校の生徒宅または、オーストラリアの一般家庭
  • 通学は現地校生徒同様自分で通学し、同じように授業を受けます
  • 自立心や自発性も培うことができます
  • 通学・放課後・週末まで英語だけの生活は英語力を飛躍的に伸ばします!

 

アングリカンスクールで現地校生徒と同じように学ぶに下記の英語力が必要になります。下の試験でなくとも、TOEFL(IBT,Juniorを含む)やアングリカンスクールの無料のオンラインテストを受験できます。半年以上のお申込みなら英語コースから始めることができます。高校進学準備コース(Preparation for Secondary School Program/PSS)を唯一受講できるSt  George校はパースの中心部にあります。英語を学ぶだけでなく、現地の学生と一緒にオーストラリアの高校で学ぶ機会があります。4週間〜1学期間のみの方は基準値以上の英語力が必要となります。

学年 IELTS (Academic) CEFR 英検
7~9年生 4.5 B1 ~ B1 2級
10 ~12年生 5.0-5.5 B1 2級A-準一級

 

アングリカンスクールパスウエイ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

現地校開校期間
2019年 1学期 2学期 3学期 4学期
2月4日(月)〜4月12日(金) 4月29日(月)〜7月5日(金) 7月22日(月)〜9月27日(金) 10月14日(月)〜12月19日(木)

 

プログラム料金表

ホームステイ

料金に含まれるもの

料金に含まれないもの

プログラム条件

料金はお問い合わせ下さい。

・現地校斡旋料+入学金+授業料
・ホームステイ手配料+期間中の宿泊費
・往復空港送迎(空港↔ホストファミリー宅)
・ホームステイ期間中の全食費(平日
・週末共1日3食 平日の学校に持参するお弁当を含)
・現地での 24 時間日本語サポート
・現地スタッフまたはホストファミリーによる登校初日アシスト
・コーディネーター(現地指導教員)

• 渡航費用
• ビザ申請料
• 海外旅行保険料
• 体操服を含む制服、学校から参加するエクスかージョンや特別アクティビティなどの費用
• 通学にかかる公共料金の費用
• オプショナルツアー・イベント参加費用
• 現地レンタル携帯電話費用
• 現地校にて貸し出しされるディバイスなどのレンタル費用
• 個人的な諸経費など

• 部屋はホストブラザー/シスターとシェアになる場合があります。
• お子様はホストブラザー/シスターと同じ学校に通学。
• 学校へ持参するお弁当はホストファミリーが担当いたします。
• 通学時の公共交通機関を利用する場合、実費となります。
• プログラムの性質上、英語を1年以上学習・最低限のコミュニケーション力を要求されます。

体験談

Aiko Koyanoさん

アングリカンスクールは思っていたよりもみんな真面目に授業に取り組んでいたので、日本よりも真面目な人が多い印象を受けました。休憩時間が日本よりも長く、回数も多いので特にストレスなく学校生活を送ることができました。日本も見習うべきだと思いました。英語を最初は勉強の一環として捉えていたが、今ではコミュニケーション手段として捉えられるようになった。現地の英語は書くのも話すのも授業で受けてきたのとは全然違っていました。訛りやクセなどが一人一人違っていて「これが本場か」と感じさせられました。楽しかったことも辛かったことも色々ありましたがそれでもこの留学に参加して良かったと心の底から思えます。

スタッフより:努力家のAikoさんは、スタート時より上のクラスに入ったり、バイオリンを持参し、週に一度の早朝オーケストラの音合わせに参加したり、ミュージックキャンプに参加したりと積極的に学び、課外活動にも参加されました。

 

 

A.Sさん
最初は英語はなんとかできるだろうと思っていたけど、友達と話してたりするとなかなか上手に言えなかったり、伝えられないのが辛かったけれど、話せるようになると本当に楽しいし、嬉しいのでもっと勉強しようと思った。
Swan Valley ASCは私の日本の学校と違って開放的でリラックスできた。授業は全部生徒と同じ授業で、日本と違ってたくさんの生徒が意見を言い合っていた。友達と一緒に休み時間を過ごして、ごはんを食べ終わった後に散歩したりした。友達のお昼がサラダだけだったりフルーツが多いことに驚いた。英語でのクラスはわからないことだらけだったけど、友達や先生が助けてくれて留学生ではなく生徒として見てくれて嬉しかった。滞在で楽しかったのは友達と映画に行ったり、ショッピングをしたり、ホストシスターと海で遊んだことや、ホストファミリーと映画を毎晩見たことです。友達やホストファミリーと別れるのがとてもつらいくらい大事な時間を過ごせた。

スタッフより:いつも微笑みを絶やさないAさんは、留学当初からクラスメイトに好かれていました。
裁縫の授業でスカートを作ったり、社会の授業では森林破壊についてのエッセイのテストを受けたりと
様々な経験をされました。
気の合うお友達もすぐに出来、授業中だけではなく休み時間も充実していた様です。
ホストファミリーとも動物園へ出かけたり、同年代のホストシスターとホストブラザーとお買い物に行ったり
お誕生日パーティーに参加したりと、週末も忙しく過ごしていました。