西オーストラリアへの小・中・高校生留学、グループ語学研修ツアーはゴールドインターカルチュラルラーニングにお任せ下さい。

入国に際して

食品・植物などの持ち込み規制

オーストラリアは、国内の動植物・国民の健康環境保護のため入国時の検疫検査が大変に厳しく食品・植物など、検疫を対象とするものを所持している場合は、入国乗客カードに必ず申告して下さい。申告しなかった場合、A$200以上の罰金・起訴・あるいは処罰を受ける場合もあります。

持込制限品については、次の一覧表もご参照ください。

オーストラリアへ持込できないもの
乳製品、卵、卵製品 卵そのもの、乾燥して顆粒状になった卵、材料に卵を使った一部の製品などを含む。(同伴乳幼児用粉ミルク・ニュージーランド産乳製品は持ち込可)
例)マヨネーズ・ミルク・チーズ・バター・コンデンスミルクなど
生きている動物 鳥・鳥の卵、魚、爬虫類動物、昆虫
肉及び肉製品 缶詰以外のもの全て。生・乾燥・冷凍・燻製・塩漬けを含む。
例)サラミ・ビーフジャーキー・ハムなど
種やナッツ ローストされていないナッツ、生のピーナッツ、栗、ポップコーン
生の果物や野菜 生及び冷凍の果物と野菜全て
例)りんご・オレンジ・サラダなど
生の植物 切花・根・球根・実・茎・根茎
サケ・マス製品 特別輸入条件についてはお尋ねください(サケ缶は持込み可)
生化学的薬剤 ヒトや動物のワクチンおよび治療薬品(特別輸入条件についてはお尋ねください)
鹿の角・袋角 ニュージーランド産の鹿の角は持ち込み可
土や砂 土や砂の詰まった品物も含む

その他 詳しくはオーストラリア検疫検査局HPをご覧ください。
>http://www.australia.or.jp/seifu/aqis/